トップバナー お問い合わせサイトマップ宮城教育大学研究・連携推進課トップ宮城教育大学トップページへ

研究協力

競争的資金等公募情報 (助成金等・共同研究・その他)

  • 教員の方々へ
    ・個人で助成金を申請した方は、申請書の(写)を研究協力係にご提出ください。
    ・申請書に学長印等必要な場合は、当係までご依頼ください。
    ・学会等の推薦が必要なものや、他の研究費と併用不可のものもありますので、要項等を必ず確認ください。
  • 本学規程及び取扱に基づき、採択された場合は機関経理となります。その場合は、必ず当係までお知らせください

    掲載以外の民間財団等の助成金は下記外部サイトでも多数検索できます。

競争的研究資金・研究助成一覧 (10/5 現在 過去の情報はこちらをご覧ください)

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 金額等
NEW (公財)たばこ総合研究センター 2019年度助成研究 1.嗜好品、あるいは嗜好品に関連する産業や企業に関する歴史・文化等の研究 2.嗜好品の摂取・利用が、人間の心理・行動・価値観・欲求・健康観・幸福感、あるいは社会に与える影響の研究 3.その他人文科学・社会科学の分野における嗜好品に関する研究 平成30/12/3 当日消印有効 1件につき原則50万円、75万円または100万円
NEW (公財)SBS鎌田財団 2018年度研究助成 物流分野の振興・発展に資する①学術研究 ②研究集会、シンポジウム、セミナー等開催 平成30/11/30 当日消印有効 総額300万円、1件当たり50万円
NEW 東京大学大学院工学系研究科 原子力専攻 共同利用管理本部 2019年度 原子力機構・量研 施設利用総合共同研究 原子力機構等が所有する大型研究施設を用いて、原子力およびその周辺分野の基礎研究の発展のため研究分野を設定して共同研究を行う(利用施設及び研究分野の詳細はHPをご覧ください) 平成30/10/31 厳守  
NEW (公財)市村清新技術財団 第28回(平成31年度)植物研究助成 植物の生育環境およびその計測技術の研究に対し助成し、研究のためのフィールドを提供  ①一般課題研究(2課題) ②特定課題研究(3課題) 平成30/11/10~11/30 当日消印有効 助成限度額150万円
NEW 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 2019年度 国立遺伝学研究所研究会「NIG-JOINT」 所内及び所外の比較的少人数の研究者で実施する研究集会、研究会は国立遺伝学研究所での開催が条件 平成30/12/14 24時必着 50万円/1件
NEW 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 2019年度 国立遺伝学研究所共同研究 国立遺伝学研究所の教員と他機関の研究者が研究所の施設・設備を利用して共同で行う研究  ・共同研究(A) ・共同研究(B)・国際共同研究 平成30/12/14 24時必着 ・共同研究(A):20万円/1件 ・共同研究(B):100万円/1件 ・国際共同研究:20万円~50万円/1件、5件程度
NEW 国立研究開発法人 科学技術振興機構 平成31年度 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 1.環境・エネルギー分野 ①「地球規模の環境課題の解決に資する研究」②「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」 2.生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」 3.防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究 平成30/11/12 正午 1課題あたり1億円程度/年
  内閣府食品安全委員会事務局 平成31年度 食品健康影響評価技術研究 1.危害要因・ばく露実態の評価に必要な科学的知見の集積  2.健康影響発現メカニズムの解明 3.新たなリスク評価方法等の確立  4.その他、食品健康影響に関する研究 平成30/10/19 17時 ・in vivo,in vitroの実験を伴う研究(wet):年間概ね1,500万円以内 ・上記以外の研究(dry):年間概ね750万円以内 計5~6課題 
  (公財)立石科学技術振興財団 2019年度 前期国際交流助成公募 ・エレクトロニクス及び情報工学の分野で「人間と機械の調和の促進」に関する国際会議発表及び短期在外研究   ・申請日の満年齢が40歳以下の研究者 平成30/12/20 当日消印有効 国際会議発表:1件40万円以下短期在外研究:1件70万円以下合計10件程度
  (公財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団 スポーツチャレンジ研究助成 平成31年度(第13期生)募集「基本」 研究職として活動に従事する、満40歳未満(応募時)の方(国籍不問) ※教授職または教授職相当の職位の方は除く 平成30/10/31正午 上限120万円、10件程度
  同志社大学赤ちゃん学研究センター 一般共同研究公募 赤ちゃんの研究に関する研究課題 研究期間:最大5年又は3年(医学系研究の場合)を超えない3月31日 随時 ※研究費の支援は無し
  同志社大学赤ちゃん学研究センター 2019年度(第4回)計画共同研究公募 ①発生学分野 ②統計学・情報学分野 ③政策学分野(福祉学、経済学等を含む) ④心理学・教育学分野 ⑤看護学分野 ⑥人間学分野(倫理学等を含む) 平成30/11/19 必着 年間40万円(上限)、最大6件
  (公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団 第41回(2019年度)学術研究 第二部:自由課題学術研究 体育学、健康科学、人間工学、被服科学 運動施設工学等健康の増進と体力の向上に関わる学術、およびその他スポーツ振興に寄与す学術研究 平成30/11/9 当日消印有効 最優秀入選100万円、優秀入選50万円 計30件
  (公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団 第41回(2019年度)学術研究 第一部:課題学術研究 ①「暑熱環境下における快適性を実現する手法に関する研究」 ②「衣服内環境を快適にする湿度をコントロールする手法に関する研究」 ③「運動後のリカバリーに有効なクールダウンを実現する手法に関する研究」 ④「運動時におけるウエアに関するシミュレーションシステムの構築」 平成30/11/9 当日消印有効 1件100万~300万(研究期間2~3年、件数2~3件)
  (公財)トヨタ財団 2018年度国内助成プログラム「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ」B.そだてる助成 課題解決のための事業を立ち上げて実施する、並びにそうした事業の担い手となる人材の育成を目指すプロジェクト 平成30/10/10 15時 公募説明会:9/14福岡、9/15新潟、9/18東京、9/26松江、9/27浜田 1プロジェクトあたり519万円/2年(過去3年間の実績平均)
  (公財)トヨタ財団 2018年度国内助成プログラム「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ」A.しらべる助成 事業実施に向けて必要な調査、戦略立案、関係構築、パイロット事業の実施等を目的 平成30/10/10 15時 公募説明会:9/14福岡、9/15新潟、9/18東京、9/26松江、9/27浜田 上限100万円
  (公財)平和中島財団 2019(平成31)年度 アジア地域重点学術研究助成 ・アジア地域(中近東、シベリア等を含む)に関するもの   ・日本の常勤研究者を研究代表者とし、共同研究者にアジア地域の大学等の研究者を含むこと 平成30/10/31 当日消印有効 150万円以内/1件、合計21件
  (公財)平和中島財団 2019(平成31)年度 国際学術共同研究助成 日本の常勤研究者を研究代表者とし、共同研究者に海外の大学等の研究者を含むこと 平成30/10/31 当日消印有効 500万円以内/1件、合計3件
  (公財)国際文化交流事業財団 平成31年度人物交流派遣・招聘事業 学術、文化(文芸、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている者 平成30/12/25 東アジア10万円、西アジア15万円、ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円、北米及びその他の地域10万円
  (公財)日本科学協会 2019年度笹川科学研究助成募集 実践研究部門 教員等が行う問題解決型研究または学芸員・司書等が行う調査・研究(年齢不問 なお、非常勤や嘱託等は雇用期間内に調査・研究が終了すること) 平成30/9/18~10/16 23:59まで(事前にユーザー登録必要) 1件/50万円 1個人1研究計画
  (公財)日本科学協会 2019年度笹川科学研究助成募集 学術研究部門 35歳以下で、大学院生あるいは非常勤または任期付き研究者(但し「海に関係する研究」については重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない) 平成30/9/18~10/16 23:59まで(事前にユーザー登録必要) 1件/100万円1個人1研究計画
  (公財)日本ユニフォームセンター ユニフォーム基礎研究助成事業 詳しくはHPをご覧ください 随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程) 50~100万円/1件/1年
  (公財)日本板硝子材料工学助成会 平成31年度(第41回)研究助成 詳しくはHPをご覧ください 平成30/12/10 必着 総額5,000万円程度(50件程度、1件120万円以下)
  (公財)立石科学技術振興財団 2019年度 研究助成(A)(B)(C) 詳しくはHPをご覧ください 平成30/9/1~10/31 (A)1件250万円、30件程度 (B)1件500万円、2件程度 (C)1件50万円、10件程度
  (公財)マリア財団 2018年度 助成金 詳しくはHPをご覧ください 平成30/11/30 当日消印有効 10~30万円/1件 年間90万円限度
  (公財)中山隼雄科学技術文化財団 2018年度 助成研究募集 詳しくはHPをご覧ください 平成30/10/15 研究A:総額2,660万円以内、研究B:総額980万円以内、国際交流:総額70万円以内
  (公財)中山隼雄科学技術文化財団 2019年度 調査研究者募集 詳しくはHPをご覧ください 平成30/10/15 総額700万円以内
  (公財)博報児童教育振興会 第14回児童教育実践についての研究助成 詳しくはHPをご覧ください 平成30/10/31 1件につき300万円限度
  (公財)科学技術融合振興財団 平成30年度助成金・補助金事業募集 詳しくはHPをご覧ください 平成30/10/15 当日消印有効 研究助成:1件30~150万円 補助金:1件15~30万円
  (公財)博報児童教育振興会 第14回 博報財団「国際日本研究フェローシップ」 詳しくはHPをご覧ください 平成30/10/31 必着  
  (独法)教職員支援機構 次世代教育推進センター 平成30年度教職大学院と教育委員会の連携・協働支援事業(NITSカフェ) 詳しくはHPをご覧ください 第2回:平成30/8/1~11/9 第3回:平成30/11/22~平成31/2/1 1件につき20万円

 

共同研究

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 備 考
           
           

その他(シンポジウム・研究生募集等)
分野 担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 備 考 
NEW (公財)富山県ひとづくり財団 第36回「とやま賞」候補者推薦 1.富山県出身または富山県内在住の者 2.学術研究、科学技術、文化・芸術、スポーツ等の分野において、すぐれた業績を挙げ、将来の活躍が期待される者3.年齢は45歳まで(2019年5月9日現在)4.准教授相当クラス(教授は含まない) 平成30/11/19 必着 奨励金100万円
NEW 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 平成30年度高エネルギー加速器研究機構技術職員シンポジウム「技術職員の採用活動とその後の育成、働き方」 日時:平成31/1/16~17(受付は12時から)  会場:高エネルギー加速器研究機構(つくばキャンパス) 研究本館1階小林ホール 事前申込必要 発表申込締切:平成30/11/16 厳守 懇親会申込締切:平成30/12/28 参加費:無料 お茶代:500円 懇親会費:3,500円当日受付にて支払い
NEW (公財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団 第11回ヤマハ発動機スポーツ振興財団 スポーツチャレンジ賞 ●功労賞:長年にわたるスポーツ振興への貢献や、先駆者として実績をあげた人・団体 ●奨励賞:今後のスポーツ振興に大きな影響力が期待される、その年、極めて高い成果をあげた人・団体 平成30/10/31 賞金100万円  賞状・メダル/副賞
NEW (独法)教職員支援機構 次世代教育推進センター 第2回「NITS大賞」表彰事業要項 学校をとりまく課題の解決に向けて実践した活動で、平成29年12月~平成30年11月に成果が上がった活動 ・研修成果活用部門 ・多忙化改善部門 ・校内研修部門 ・先導的プログラム実践部門 平成30/11/10 必着 ・大賞:1点 ・優秀賞:10点 ・ミニッツ賞:数点
  京都大学高等教育研究開発推進センター 「第25回大学教育研究フォーラム」参加者企画セッション募集 大学教育の実践に携わっている者 平成31/3/23 15:15~17:45 平成30/10/26 17時 フォーラム開催:平成31/3/23-24 発表費:1万円(第一企画者のみ)
  京都大学高等教育研究開発推進センター 「第25回大学教育研究フォーラム」個人研究発表募集 大学教育の実践に携わっている者  「口頭発表 1人25分」または「ポスター発表 13:00~15:00」     平成30/10/26 17時 フォーラム開催:平成31/3/23-24 発表費:3千円(第一発表者のみ)
  シドニー日本クラブレインボープロジェクト 被災地復興を担うグローバル若者育成プログラム参加者募集について 罹災証明をもつ20~22歳    
  人間文化研究機構 第42回国際日本文学研究集会の開催について   平成30/11/17・18開催  
  茨城県生活環境部 第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)開催案内 詳細はHPをご覧ください 平成30/10/15~19開催