トップバナー 宮城教育大学研究・連携推進課トップ お問い合わせ サイトマップ 宮城教育大学研究・連携推進課トップ 宮城教育大学トップページへ

研究協力

競争的資金等公募情報 (助成金等・共同研究・その他)

  • 教員の方々へ
    ・個人で助成金を申請した方は、申請書の(写)を研究協力係にご提出ください。
    ・申請書に学長印等必要な場合は、当係までご依頼ください。
     なお、新型コロナウィルス感染拡大による在宅勤務中のため、至急の依頼には対応出来かねます。
     締切には余裕を持ってご依頼ください。
    ・学会等の推薦が必要なものや、他の研究費と併用不可のものもありますので、要項等を必ず確認ください。
  • 本学規程及び取扱に基づき、採択された場合は機関経理となります。その場合は、必ず当係までお知らせください

    掲載以外の民間財団等の助成金は下記外部サイトでも多数検索できます。

競争的研究資金・研究助成一覧 (5/22現在 過去の情報はこちらをご覧ください)

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切(※最新情報についてはHPをご確認下さい) 金額等
 NEW 文部科学省 令和2年度 大学教育再生戦略推進費 
大学による地方創生人材教育プログラム構築事業
地域の知の拠点としての大学が、他の大学等や地域の企業等と協働し、地域が求める人材を養成するための教育改革を実行するとともに、出口(就職先)と一体となった教育プログラムを実施することで、学卒者の地元定着と地域活性化を推進する
※詳しくはHPをご覧ください
※学長名での申請となりますので、応募を検討される方は研究協力係まで連絡願います  
令和2年5月27日~29日 期間内必着 1.事業実施大学 5,860万円/年 3~5件程度採択予定 
2.事業実施大学(幹事校) 7,800万円/年 1件程度採択予定
 NEW  公益財団法人 マツダ財団  第36回(2020年度)青少年健全育成関係 研究助成 「青少年の健全育成」に係る市民活動の活性化に役立つ実践的な研究
対象分野
1.ボランティア育成  2.若者の居場所づくり  3.地域連帯、コミュニティづくり  4.自然とのふれあい  5.国際交流・協力 6.科学体験・ものづくり
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月15日 必着 上限100万円/1件
5~6件採択予定
第36回(2020年度)科学技術振興関係 研究助成 対象分野
1.機械に係わる研究分野
2.電子・情報に係わる研究分野
3.化学系材料に係わる研究分野 4.物理系材料に係わる研究分野
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月31日 必着 一律100万円
31件採択予定
 NEW 公益財団法人 カシオ科学振興財団 第38回(令和2年度)研究助成候補者推薦 対象(全テーマ共通) ①電気・機械工学系:3分野15分類   ②医学・生理学系:1分野4分類③人文科学系:2分野3分類
研究テーマ
1.特別テーマ:「地球環境を課題とする問題解決に向けた研究」
2.基本テーマ1:全分類が対象
3.基本テーマ2:①及び②が対象
※詳しくはHPをご覧ください なお、申請書類等についてはCDをお貸ししますので、研究協力係まで連絡願います
令和2年5月29日 必着 1:500万円/1件
2件採択予定
2:100万円/1件
35件採択予定
3:300万円/1件
5件採択予定
 NEW 公益財団法人 鉄鋼環境基金 第41回(2020年度)環境助成研究 ①一般研究助成 ②若手研究助成
鉄鋼製造に関連する環境保全技術課題に関する研究      
1.大気環境保全技術 2.土壌・水質保全技術 3.副産物の利用促進技術・廃棄物の効率的処理技術
4.地球環境問題 5.エコプロセス
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月31日 必着 ①:1件当たり150万円/年以下
②:1件当たり100万円/年以下
合計50~60件程度採択予定
 NEW 一般財団法人 宮城県公衆衛生協会 令和2年度 宮城県公衆衛生研究振興基金研究助成 公衆衛生に関連する研究(調査含む)で、研究成果が公衆衛生の向上に寄与し、県民の福祉に役立つ研究
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月31日 15~30万円程度/1件
   国立研究開発法人 科学技術振興機構    2020年度 戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-X)    第1期(2018年度、2019年度に発足した既存研究領域)  1.CREST:研究代表者が率いる研究チームにより研究課題を推進
7研究領域で提案を募集
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月23日 正午(※厳守) 1:1.5~5億円/1課題
各研究領域で3~8件程度採択予定
2:3~4千万円/1課題   各研究領域で10件程度採択予定
3:数百万円程度/1課題
各研究領域で最大30件程度採択予定
2.さきがけ:個人研究者が研究課題を推進
10研究領域で提案を募集
3.ACT-X:個人研究者が研究課題を推進
2研究領域で提案を募集
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月16日 正午(※厳守)
  国立研究開発法人 科学技術振興機構   2020年度 戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-X)
第2期(2020年度に発足した新規研究領域)
1.CREST:研究代表者が率いる研究チームにより研究課題を推進
4研究領域で提案を募集
2.さきがけ:個人研究者が研究課題を推進
5研究領域で提案を募集
3.ACT-X:個人研究者が研究課題を推進
2研究領域で提案を募集
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月23日 正午(※厳守)
  国立研究開発法人 科学技術振興機構 2020年度 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム
以下の2名の連名で提案
・研究開発の責任者(研究代表者)
・社会課題に取り組む当事者の代表(協働実施者)
1.シナリオ創出フェーズ:SDGs達成の構想を創出
2.ソリューション創出フェーズ:SDGs達成のための解決策および事業計画を創出
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月3日 正午 1:上限600万円程度/年(12ヶ月) 8件程度採択予定
2:上限2,300万円程度/年(12ヶ月)4件程度採択予定
  国立研究開発法人 科学技術振興機構 2020年度 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム
客観的根拠に基づく科学技術イノベーション政策の形成に寄与するため、政策ニーズも踏まえつつ、政策の形成・執行・評価に係る実践に将来的につながりうる成果の創出
政策と科学の「共進化」を目指す研究開発のうち、特に7つのテーマに関する提案を募集
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月25日 正午 400~600万円程度/年(初年度は200~300万円程度/6か月)
5件程度採択予定
締切延長 (公財)戸部眞紀財団 2020年度(令和2年度)研究助成 ・化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学
・代表研究者の年齢が令和2年4月1日現在で40才以下(国籍不問)
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月29日 必着 年額100万円
20件程度
国立研究開発法人 科学技術振興機構 2020年度 戦略的創造研究推進事業CRESTにおけるフランスANRとの日仏共同提案の募集 1.「革新的力学機能材料の創出に向けたナノスケール動的挙動と力学特性機構の解明」  2.「数学・数理科学と情報科学の連携・融合による情報活用基盤の創出と社会課題解決に向けた展開」 ANR申請受付期間:令和2年2月6日~5月6日 10時(フランス時間)
※詳しくはANRのHPをご覧ください
※JSTについては、準備が整い次第HPに掲載予定
JST(CRESTの募集HP)
  (公財)日本生命財団 2020年度 ニッセイ財団 高齢社会助成「実践的研究助成」ー共に生きる地域コミュニティづくりー 1.実践的課題研究       2.若手実践的課題研究(2020年4月1日現在45才未満)
対象分野は3分野
※各分野及びテーマ等、詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月15日 当日消印有効 1.最大400万円/1件(最大200万円/1年)2件程度
2.総額約700万円(最大100万円/1件)
7件程度
  大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 【予告】文部科学省 科学研究費助成事業新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』 「先進ゲノム解析研究推進プラットホーム」 2020年度支援対象課題公募 第1回 1~2月公募(4月支援開始):対象は2020年度科研費継続課題
第2回 7~8月公募(10月支援開始):対象は2020年度科研費課題(新規採択を含む)
※詳細については準備が整い次第HPに掲載予定  
  同志社大学赤ちゃん学研究センター 一般共同研究 赤ちゃんの研究に関する研究課題研究期間:最大5年又は3年(医学系研究の場合)を超えない3月31日 随時 ※研究費の支援は無し
   (一財)中辻創智社  学術研究や社会貢献を目的とした会議開催費の助成 社会的意義あるいは学術的意義は大きいが公的資金を得難い分野内容の会議開催費用  ※詳しくはHPをご覧ください 随時募集(会議開催予定日の2ヶ月前までに申請) 各年度数件程度 50万円または100万円、もしくは100万円を上限として要望する額
   (公財)アメリカ研究振興会 一般助成  日本におけるアメリカ研究の振興を目的とする助成       書式は随意 但し理事長宛とし、申請額および使用明細を併記する  通年  
  (公財)日本ユニフォームセンター ユニフォーム基礎研究助成事業 詳しくはHPをご覧ください 随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程) 50~100万円/1件/1年

 

共同研究

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切(※最新情報についてはHPをご確認下さい) 備 考
  国立大学法人名古屋大学 宇宙地球環境研究所 2020年度共同利用・共同研究 10.加速器質量分析装置等利用(委託分析) 10:随時受付 ※詳細については、各公募要項をご覧ください
  京都大学霊長類研究所   令和2年度共同利用・共同研究 3.随時募集研究         ※詳しくはHPをご覧ください 通年募集(ただし、令和2年4月の研究開始の場合は令和2年1月15日まで) 研究費の支給は無し
  大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 2020年度 基礎生物学研究所 共同利用研究
3.個別共同利用研究  4.統合ゲノミクス共同利用研究 5.統合イメージング共同利用研究 6.大型スペクトログラフ共同利用実験
8.研究会 9.トレーニングコース
※詳しくはHPをご覧ください 
1、2、7以外は令和2年4月1日から10月末日まで随時受付 研究費の配分は無し

その他(シンポジウム・研究生募集等)

分野

担当機関

制度名(詳細はクリック)

対 象

締 切(※最新情報についてはHPをご確認下さい)

備 考 

 NEW ドコモ・モバイル・サイエンス賞運営事務局 第19回ドコモ・モバイル・サイエンス賞 1.先端技術部門 2.基礎科学部門
3.社会科学部門
※満50歳未満の方(1971年以降生まれ)
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年5月29日 必着 優秀賞 600万円(各1件)
 NEW 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館  令和2年度 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』
地域研究に関する学術写真・動画資料情報の統合と高度化「地域研究画像デジタルライブラリ」公募プロジェクト
現在進行中の科学研究費助成事業のプロジェクトを対象に、これまでに蓄積された画像資料のデジタル化・データベース化を支援し、将来にわたる研究情報の集積と共有化の基盤を整備して提供する
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年6月5日(郵送:必着、メール:16時半までに送信) 年間計15件程度
 NEW 京都大学霊長類研究所  2020年度研究用ニホンザルの提供 ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」が主催する講習を受講済みであること(未受講者は、申請前に必ず受講すること)
※講習受講については、事務局に問い合わせください
※詳しくはHPをご覧ください
第1回:令和2年5月29日正午必着
(第2回:令和2年8月3日~31日 受付予定)
研究用ニホンザル生体 70頭
2020年度ニホンザル研究試料提供(有効利用) 提供された研究用ニホンザルから採取された血液、組織など、研究用試料提供(有効利用)を実施
※希望される場合は、必ず事前に事務局まで連絡ください    連絡フォーム等、詳しくはHPをご覧ください
第1回:令和2年5月29日正午必着
(第2回:令和2年8月3日~31日 受付予定)
受付期間変更 国立研究開発法人 科学技術振興機構 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)
2020年度 一般公募
アジアを中心とした国・地域の優秀な青少年を短期間日本に招へいし、教育研究機関等での交流活動を通じて日本の科学技術に触れる機会を提供し、継続的な人材・研究交流につなげる 
※対象国や交流計画コース等、詳しくはHPをご覧ください    
受付期間
第2回:令和2年3月3日~7月1日
第3回:令和2年7月2日~9月1日
第4回:令和2年9月2日~11月5日
実費を基本
渡航費や国内旅費、謝金等が支援対象
  経済産業省 安全保障貿易管理に関するリーフレット 1.輸出者等遵守基準への対応について
2.先生‼ちょっと待ってください!
※その他、詳しくはHPをご覧ください  

井上春成賞委員会

【お願い】井上春成賞の寄付金及び協賛金について

井上春成賞贈呈事業を実施するための寄付金及び協賛金の協力のお願い

いずれも、1口 5万円(1口以上)

 

  (一財)東北開発記念財団 令和2年度海外派遣援助希望者募集 産業・技術・文化等に関する特定の課題の研究・調査・研修を目的とする海外派遣
原則、満40才未満(海外へ出発する日が属する年度の4月1日現在)
※在籍機関を通じての提出
申請を希望される方は研究協力係までご連絡ください
※詳しくはHPをご覧ください 
後期(令和2年10月1日から6か月内に出発):令和2年7月15日 必着 総額35万円限度
後半期(10月~3月出発):10名程度
  日本学術振興会 JSPSサマー・プログラム2020 欧米主要国の博士号取得前後の研究者を、夏期2ヶ月間、日本に招聘し、文化や学術状況等に関するオリエンテーションと日本側受入研究者の下での研究機会を提供 受入期間:令和2年6月9日~8月19日(予定)
対象分野:人文・社会科学及び自然科学の全分野
※詳しくはHPをご覧ください
 
  (公財)パブリックヘルスリサーチセンター 「ストレス科学研究」論文募集 投稿資格:ストレス研究に携わる研究者、大学教員等の方々
論文種別:①原著論文 ②症例研究 ③総説 ④短報 ⑤資料
※詳しくはHPをご覧ください
なし(通年募集) 投稿料 学生以外:10,000円 掲載料 学生以外:20,000円(全て税別)
  文部科学省 研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について(通知)  詳細はこちらをご覧ください    
  文部科学省 「ヒト受精胚に遺伝情報改変技術等を用いる研究に関する倫理指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  文部科学省 「ヒトES細胞の樹立に関する指針」の全部改正並びに「ヒトES細胞の使用に関する指針」及び「ヒトES細胞の分配機関に関する指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』 先端技術基盤支援プログラム「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」 生命科学研究領域において近年必要性が高まっている生物イメージングの先端的支援を行うことを目的 ※詳しくはHPをご覧ください  随時受付  

 

文部科学省

大型研究開発プロジェクトの実施における安全確保の徹底について(通知)

詳細はPDFをご覧ください