トップバナー 宮城教育大学研究・連携推進課トップ お問い合わせ サイトマップ 宮城教育大学研究・連携推進課トップ 宮城教育大学トップページへ

研究協力

競争的資金等公募情報 (助成金等・共同研究・その他)

  • 教員の方々へ
    ・個人で助成金を申請した方は、申請書の(写)を研究協力係にご提出ください。
    ・申請書に学長印等必要な場合は、当係までご依頼ください。
    ・学会等の推薦が必要なものや、他の研究費と併用不可のものもありますので、要項等を必ず確認ください。
  • 本学規程及び取扱に基づき、採択された場合は機関経理となります。その場合は、必ず当係までお知らせください

    掲載以外の民間財団等の助成金は下記外部サイトでも多数検索できます。

競争的研究資金・研究助成一覧 (9/12現在 過去の情報はこちらをご覧ください)

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 金額等
 NEW (公財)中山隼雄科学技術文化財団 2020年度 調査研究 様々な社会的課題をみんなでゲームを楽しみながら協力して解決していけるような、新しいゲームの創生
2件の研究課題から1件を選択
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月15日 総額700万円以下
2019年度 助成研究 1.助成研究A:ゲームの分野の研究(2課題あります) 
2.助成研究B:「人間と遊び」に関する各種研究
3.国際交流(参加):遊び・ゲームに関する国際会議等への参加
※詳しくはHPをご覧ください
1.総額2,800万円(500万円/1件)以内
2.総額840万円(100万円/1件)以内
3.総額112万円以内
 NEW (公財)日本板硝子材料工学助成会 令和2年度(第42回)研究助成 無機の固体材料並びに関連材料の科学と技術の研究
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年12月10日 必着 総額4,000万円程度(40件程度、1件120万円以下)
 NEW (公財)平和中島財団 2020(令和2)年度 国際学術共同研究助成 国際的に優れた研究を国際共同研究として推進するものに対して助成
海外の大学・研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月31日 当日消印有効 500万円以内/1件
2020(令和2)年度 アジア地域重点学術研究助成 アジア地域に関する学術の共同研究に対して助成
アジア地域の大学・研究機関等の研究者からなる共同研究グループとする 
※詳しくはHPをご覧ください
150万円以内/1件
  文部科学省 「次世代のライフプランニング教育推進事業」(ライフプランニング教育プログラム開発) 若者が主体的に将来を選択する能力・態度を身に付ける教育機会を充実するため、学校現場等において活用できる教育プログラムの開発・試行
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月4日 17時 原則200~500万円程度/1委託先
  (公財)博報児童教育振興会 第15回 児童教育実践についての研究助成 「ことばの力」を育む研究や、児童教育実践の質を向上させる研究を助成
(ただし、若手支援のため、教授やそれに相当する職は除く)
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月31日 ・1ヵ年助成:200万円限度/1件 ・2ヵ年助成:300万円限度/1件
    (公財)立石科学技術振興財団   2020年度 特別助成「研究助成(S)」 「人間と機械の融和」のあるべき姿を想定または提示し、すでに確立した基礎研究の成果に基づいた統合技術およびプロトタイプの開発と機能検証、さらに実証実験を目標とする研究プロジェクトを助成
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月30日(電子申請:24時締切 郵送:当日消印有効) 助成期間を通して総額3,000万円上限3プロジェクト程度
2020年度 研究助成(A)及び(B) エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を助成
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月31日 当日消印有効 (A)1件250万円以下 30件程度  (B)1件500万円以下 2件程度
2020年度 前期国際交流助成 エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を行なう研究者の海外派遣、特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣に対し助成
40歳以下(申請日の満年齢)の研究者が対象
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月1日~12月20日 当日消印有効 ・国際会議発表:1件40万円以下 ・短期在外研究:1件70万円以下 合計10件程度
  (公財)関西・大阪21世紀協会 2020年度日本万国博覧会記念基金助成事業 国際相互理解の促進に資する活動
①国際文化交流、国際親善に寄与する活動 ②教育・学術に関する国際的な活動
1.一般助成事業
2.重点助成事業(新規事業で、今までにない独自性があり、発展が期待される事業であること)
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月30日 当日消印有効 1.申請額300万円 採択は数十件程度予定2.申請額1,000万円 採択は数件程度予定
  (公財)国際花と緑の博覧会記念協会 令和2年度 花博自然環境助成 「自然と人間との共生」の継承発展・普及啓発や「花と緑」に関連する科学技術や文化などの発展・交流に貢献する事業
1.調査研究  2.活動・行催事 3.復興活動支援
※各事業区分等、詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月13日 当日消印有効 1.100万円以内/1件で4分の3以内 2.50万円以内/1件で4分の3以内 3.50万円以内/1件で5分の4以内
  (公財)全国銀行学術研究振興財団 2019年度学術研究助成事業募集 1.研究活動に対する助成(研究助成)
分野:経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究
対象:60歳未満(2019年12月末現在)
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月20日 必着  1件100万円以内(共同研究は1件150万円以内)     総額2,500万円程度
2.研究成果の刊行に対する助成(刊行助成)
分野、対象は1.と同様
ただし、研究が完成しており、完成原稿のあるもの(必須)
※詳しくはHPをご覧ください
1件150万円以内かつ刊行費用の半額以下
総額400万円程度
  (公財)科学技術融合振興財団 2019年度助成金・補助金応募 1.調査研究助成事業
A.シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
B.①シミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月15日 当日消印有効 30万円~150万円上限/1件  総額1,400万円
15~20件
2.補助金事業
C.シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
※若手研究者(助手等)を対象とする
※詳しくはHPをご覧ください
15万円~30万円上限/1件
総額300万円
15~20件
  (公財)日本教育公務員弘済会 令和2年度 日教弘本部奨励金 初等中等教育及び幼児教育の向上発展に寄与する全国規模の有益な研究・活動等に助成
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月30日 24時 100万円以内/1件
  (公財)旭硝子財団 2020年度採択(2019年度募集)公募型研究助成プログラム「サステイナブルな未来への研究助成」 持続可能な社会の実現や地球環境問題の解決を目指した研究を支援
○分野
1.建築・都市分野
2.人文・社会科学分野 
3.環境フィールド研究
○研究コース
1.提案研究コース(年齢:1974年1月1日以降生まれ)
2.発展研究コース
※各分野の具体的な研究領域等、詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月13日 提案コース:50~150万円/1件 15件程度採択     発展コース:200~400万円/1件 10件程度採択
  (公財)人工知能研究振興財団 第30回 令和元年度 人工知能研究助成 人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、研究及び開発
※対象となる研究は6テーマ  詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月30日 必着 100万円限度
  三菱UFJ信託銀行株式会社 公益信託 福原記念英米文学研究助成基金 英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者        1.研究助成  2.出版助成
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年10月31日 当日消印有効 1.40万円/一人当たり 2.100万円/一人当たり
  国立研究開発法人 科学技術振興機構 【予告】地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)令和2年度研究課題募集 公募説明会を9月に開催予定
最新情報についてはHPをご覧ください
※感染症分野については、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)のHPからご覧ください
令和元年9月中旬~11月中旬(予定)  
  (公財)マリア財団 2019年度 助成金募集 幼児・児童教育等に関する研究・実践
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年11月30日 10~30万円以内/1件あたり
   (一財)中辻創智社  学術研究や社会貢献を目的とした会議開催費の助成 社会的意義あるいは学術的意義は大きいが公的資金を得難い分野内容の会議開催費用  ※詳しくはHPをご覧ください 随時募集(会議開催予定日の2ヶ月前までに申請) 各年度数件程度 50万円または100万円、もしくは100万円を上限として要望する額
   (公財)アメリカ研究振興会 一般助成  日本におけるアメリカ研究の振興を目的とする助成       書式は随意 但し理事長宛とし、申請額および使用明細を併記する  通年  
  同志社大学赤ちゃん学研究センター 一般共同研究公募 赤ちゃんの研究に関する研究課題 研究期間:最大5年又は3年(医学系研究の場合)を超えない3月31日 随時 ※研究費の支援は無し
  (公財)日本ユニフォームセンター ユニフォーム基礎研究助成事業 詳しくはHPをご覧ください 随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程) 50~100万円/1件/1年

 

共同研究

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 備 考
  名古屋大学宇宙地球環境研究所 2019年度共同利用・共同研究 10.加速器質量分析装置等利用(委託分析) 10:随時受付 ※詳細は募集要項をご覧下さい
  京都大学霊長類研究所 2019年度共同利用・共同研究 霊長類研究所の教員(特定教員を含む)と共同で研究を行う ③随時募集研究 ③:年間(ただし、平成31年4月から研究開始の場合は1/13まで) 1人1研究課題 ③:研究費の支給は無し

その他(シンポジウム・研究生募集等)

分野

担当機関

制度名(詳細はクリック)

対 象

締 切

備 考 

 NEW (公財)国際文化交流事業財団  令和2年度 人物交流派遣・招聘事業 学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている研究者、教育者等が海外に渡航して行う活動または日本国内で活動して貰うための招聘を助成
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年12月15日 派遣・招聘ともに1名につき、東アジア10万円、西アジア15万円等
  立命館大学 第14回立命館白川静記念東洋文字文化賞 漢字を中心とした東洋の文字に関する研究・普及・教育等の文化活動 研究活動等、他6項目が授賞の対象
1.大賞 2.優秀賞 3.教育普及賞
4.奨励賞
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年9月30日 当日消印有効 正賞(賞状)および副賞 (1.50万円 2.,3.30万円4.20万円) 
  (公財)博報児童教育振興会 第15回 博報財団「博報日本研究フェローシップ」 海外で日本語・日本語教育・日本文学・日本文化に関する研究を行っている、優れた研究者を日本へ招聘し、滞在型研究の場を提供する ※詳しくはHPをご覧ください 令和元年10月31日 渡航費や滞在・研究費、住居費等を助成
  (公財)みずほ学術振興財団 第61回懸賞論文募集 1.経済の部:3論題のうち1題を選定
2.法律の部:4論題のうち1題を選定(うち、1論題は学生限定)
35歳以下(2019年9月末現在(1983年10月1日以降生れの方))
※論題等、詳しくはHPをご覧ください
令和2年1月14日 必着 1等:50万円2等:30万円3等:15万円(各1名) 佳作:7万円(2名以内)
  日本学術会議東北地区会議事務局 令和元年度 日本学術会議東北地区会議主催公開学術講演会「超高齢社会における看取りを考える」 日時:令和元年9月15日 13:30~16:45(予定)
場所:コラッセふくしま 4階多目的ホール
事前申込必要(当日参加も可能ですが、満席の場合は入場不可)
申込はこちら
参加費無料
  (株)羊土社 科研費獲得セミナーfor2020 日時:2019年9月17日     ①10:00~12:30 ②14:30~17:00(2回とも同じ内容)  場所:フォーラムミカサ エコ 7Fホール  ※申込等、詳しくはHPをご覧ください 事前申込必要
定員:1講演90名(先着順定員に達し次第、締切)
参加費:10,000円
  文部科学省 【予告】令和元年度文部科学省寄附フォーラム 日時:令和2年3月6日 14時~17時  場所:立教大学8号館1階8101教室 ※申込は1月頃受付開始予定 詳しくはHPをご覧ください  
  独立行政法人 教職員支援機構 2019年度教職大学院と教育委員会の連携・協働支援事業(NITSカフェ) 教員の資質向上に関するテーマで語り合う参加型ワークショップの支援事業
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年1月31日    ※先着順 採択が10件に達したところで申請締切
※研協まで連絡下さい
20万円(1件につき)
  文部科学省 研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について(通知)  詳細はこちらをご覧ください    
  文部科学省 「ヒト受精胚に遺伝情報改変技術等を用いる研究に関する倫理指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  文部科学省 「ヒトES細胞の樹立に関する指針」の全部改正並びに「ヒトES細胞の使用に関する指針」及び「ヒトES細胞の分配機関に関する指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』 先端技術基盤支援プログラム「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」 生命科学研究領域において近年必要性が高まっている生物イメージングの先端的支援を行うことを目的 ※詳しくはHPをご覧ください  随時受付  
 独立行政法人 教職員支援機構 「第3回NITS大賞」募集 最近1年間(2018年12月~2019年11月)に成果が上がった活動
応募部門 ①カリキュラム・マネジメント実践部門 ②働き方改革実践部門 ③地域とともにある学校実践部門 ④校内研修プログラム開発・実践部門       ※詳しくはHPをご覧ください
 令和元年9月1日~11月10日 大賞:1点/表彰状、トロフィー、賞金30万円  優秀賞:10点/表彰状、賞金3万円
  (公財)アメリカ研究振興会  海外学会参加旅費援助  海外におけるアメリカ研究関連の研究集会で研究報告を行う者を対象とする参加旅費援助(若手研究者を最優先) ※詳しくはHPをご覧ください(様式はこちら 年4回募集       ・1月、2月、3月渡航予定11月30日申請締切(事務局着)  10万円上限

国立研究開発法人 科学技術振興機構

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン) 平成31年度一般公募

産学官の緊密な連携により、アジアを中心とする国・地域から優秀な青少年を日本に短期に招聘し、未来を担う青少年が科学技術の分野で交流を深める ※対象国や交流計画コース等、詳しくはHPをご覧ください

第4回:2019/9/3~11/6 (ただし、中国から受け入れる場合の締切は募集要項P4を確認)

渡航費等、事業の遂行に直接必要な経費等を支援(実費が基本)

 

井上春成賞委員会

【お願い】井上春成賞の寄付金及び協賛金について

井上春成賞贈呈事業を実施するための寄付金及び協賛金の協力のお願い

いずれも、1口 5万円(1口以上)

 

 

三宮紀彦公認会計士事務所

科研費申請に応募する研究者のバックアップ

①4月~申請までサポート(面談1回含) ②夏休み明け~申請までサポート(面談無)※詳しくはHPをご覧ください

 

料金①:54,000円 ②:21,600円

 

文部科学省

大型研究開発プロジェクトの実施における安全確保の徹底について(通知)

詳細はPDFをご覧ください

 

 

 

(公財)パブリックヘルスリサーチセンター

「ストレス科学研究」論文募集

ストレス研究に携わる研究者、大学教員等:①原著論文 ②症例研究 ③総説 ④短報 ⑤資料

なし(通年募集)