トップバナー 宮城教育大学研究・連携推進課トップ お問い合わせ サイトマップ 宮城教育大学研究・連携推進課トップ 宮城教育大学トップページへ

研究協力

競争的資金等公募情報 (助成金等・共同研究・その他)

  • 教員の方々へ
    ・個人で助成金を申請した方は、申請書の(写)を研究協力係にご提出ください。
    ・申請書に学長印等必要な場合は、当係までご依頼ください。
    ・学会等の推薦が必要なものや、他の研究費と併用不可のものもありますので、要項等を必ず確認ください。
  • 本学規程及び取扱に基づき、採択された場合は機関経理となります。その場合は、必ず当係までお知らせください

    掲載以外の民間財団等の助成金は下記外部サイトでも多数検索できます。

競争的研究資金・研究助成一覧 (7/17現在 過去の情報はこちらをご覧ください)

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 金額等
 NEW (公財)マリア財団 2019年度 助成金募集 幼児・児童教育等に関する研究・実践
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年11月30日 10~30万円以内/1件あたり
 NEW (公財)上廣倫理財団 令和元年度 研究助成募集 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、様々な分野           ※概ね45歳までの研究者   ※詳しくはHPをご覧ください 令和元年9月2日 必着  A.60万円(上限) B.100万円(上限)
 NEW (公財)中島記念国際交流財団 令和2年度(2020年度)日本人若手研究者研究助成金募集 1.情報科学 2.生命科学    ※令和2年4月1日現在37歳以下の研究者
※詳しくはHPをご覧ください
令和元年8月1日~8月23日 17時必着 500万円以内/1件当たり
   国立研究開発法人 科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「人と情報のエコシステム」研究開発領域 2019年度 AI、ロボット、IoTといった情報技術が加速度的に進展する現在、いかにそれら技術が社会に浸透し、人間の暮らしになじんでいくか、またその時どんな問題が起きうるかを考え、新たな制度や技術を設計していくための研究(英との共同プロジェクト)      ※詳しくはHPをご覧ください 令和元年7月17日 12時(提案書 e-Rad受付期限) 1プロジェクトあたり 1,000万円程度/年(間接経費込み)(直接経費で770万円程度/年)
    (公財)稲盛財団  2020年度 稲盛研究助成事業 自然科学、人文・社会科学の分野で、独創的で優れた研究に取り組む若手研究者に対する短期的な助成 ※要件等、詳しくは募集要項をご覧ください        ※申請はこちらから 令和元年5月21日 9:30 ~ 令和元年7月20日 17:00 100万円×50名(自然科学系40名、人文・社会科学系10名)
稲盛科学研究機構    (InaRIS)フェローシップ 国内の、基礎科学の分野で、知的好奇心と大きなビジョンに基づいて挑戦的な研究に取り組む研究者に対する長期的な助成  2020年度の対象は「量子」  ※要件等、詳しくは募集要項をご覧ください 令和元年5月21日 9:30 ~ 令和元年7月31日 17:00 1,000万円×10年間×2名
   (公財)DNP文化振興財団 2019年度 グラフィック文化に関する学術研究助成 人文社会科学、自然科学を問わず幅広い学問領域からグラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究テーマに対する助成 ※詳しくはHPをご覧ください  令和元年7月17日 必着 1件につき上限50万円/年
   (一財)中辻創智社  学術研究や社会貢献を目的とした会議開催費の助成 社会的意義あるいは学術的意義は大きいが公的資金を得難い分野内容の会議開催費用  ※詳しくはHPをご覧ください 随時募集(会議開催予定日の2ヶ月前までに申請) 各年度数件程度 50万円または100万円、もしくは100万円を上限として要望する額
   (公財)アメリカ研究振興会 一般助成  日本におけるアメリカ研究の振興を目的とする助成       書式は随意 但し理事長宛とし、申請額および使用明細を併記する  通年  
  米国社会科学研究評議会(SSRC) 安倍フェローシップ・プログラム 1.個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威 2.成長と持続的な発展 3.社会・科学・文化のトレンドと変容 4.ガバナンス、エンパワーメントと市民参加  ※詳しくはHPをご覧ください 2019/9/1  
  同志社大学赤ちゃん学研究センター 一般共同研究公募 赤ちゃんの研究に関する研究課題 研究期間:最大5年又は3年(医学系研究の場合)を超えない3月31日 随時 ※研究費の支援は無し
  (公財)日本ユニフォームセンター ユニフォーム基礎研究助成事業 詳しくはHPをご覧ください 随時募集(申請から可否の決定まで3ヶ月程) 50~100万円/1件/1年

 

共同研究

  担当機関 制度名(詳細はクリック) 対 象 締 切 備 考
  大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 2020年度事業募集 脳一般に関する研究分野
1.共同研究者派遣:米国で共同研究を実施 2.グループ共同研究:日米の拠点的な研究グループ間で共同研究を実施 3.情報交換セミナー:研究協力計画に関連する活動の情報交換
※詳しくはHPをご覧ください 
令和元年9月6日 必着 交通費等を支給
  名古屋大学宇宙地球環境研究所 2019年度共同利用・共同研究 10.加速器質量分析装置等利用(委託分析) 10:随時受付 ※詳細は募集要項をご覧下さい
  京都大学霊長類研究所 2019年度共同利用・共同研究 霊長類研究所の教員(特定教員を含む)と共同で研究を行う ③随時募集研究 ③:年間(ただし、平成31年4月から研究開始の場合は1/13まで) 1人1研究課題 ③:研究費の支給は無し

その他(シンポジウム・研究生募集等)

分野

担当機関

制度名(詳細はクリック)

対 象

締 切

備 考 

 NEW 姫路文学館 第32回和辻哲郎文化賞 平成30年9月1日から令和元年8月31日までに発刊された(復刊は除く)著作物(単行本)     一般部門:日本文化等や風土と人間生活との関連等に関するもの 学術部門:哲学、宗教等や比較文化等に関するもの       ※詳しくはHPをご覧ください 令和元年9月5日 当日消印有効 正賞:蒔絵源氏絵千姫羽子板  副賞:100万円
 NEW 独立行政法人 教職員支援機構 2019年度教職大学院と教育委員会の連携・協働支援事業(NITSカフェ) 教員の資質向上に関するテーマで語り合う参加型ワークショップの支援事業
※詳しくはHPをご覧ください
令和2年1月31日    ※先着順 採択が10件に達したところで申請締切
※研協まで連絡下さい
20万円(1件につき)
   知的財産権制度説明会運営事務局((一社)発明推進協会)  2019年度知的財産権制度説明会(初心者向け) 宮城県 日時:令和元年7月24日13:30~16:30 会場:ホテル白萩(錦(全))(仙台市青葉区錦町2-2-19) ※全国各地で説明会を開催しています 申込等、詳しくはHPをご覧ください 事前申込必要(定員になり次第締切)     定員150名  参加費無料
  文部科学省 研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について(通知)  詳細はこちらをご覧ください    
  文部科学省 「ヒト受精胚に遺伝情報改変技術等を用いる研究に関する倫理指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  文部科学省 「ヒトES細胞の樹立に関する指針」の全部改正並びに「ヒトES細胞の使用に関する指針」及び「ヒトES細胞の分配機関に関する指針」の制定について(通知)  詳細はPDFをご覧ください    
  先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局 新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』 先端技術基盤支援プログラム「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」 生命科学研究領域において近年必要性が高まっている生物イメージングの先端的支援を行うことを目的 ※詳しくはHPをご覧ください  随時受付  
 独立行政法人 教職員支援機構 「第3回NITS大賞」募集 最近1年間(2018年12月~2019年11月)に成果が上がった活動
応募部門 ①カリキュラム・マネジメント実践部門 ②働き方改革実践部門 ③地域とともにある学校実践部門 ④校内研修プログラム開発・実践部門       ※詳しくはHPをご覧ください
 令和元年9月1日~11月10日 大賞:1点/表彰状、トロフィー、賞金30万円  優秀賞:10点/表彰状、賞金3万円
 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所 第30回 生理科学実験技術トレーニングコース 日時:令和元年7月29日~8月2日
会場:自然科学研究機構 生理学研究所(愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38) ※詳しくはHPをご覧ください
募集人数:約120名
事前申込必要
申込期間:令和元年5月7日12時 ~ 6月14日12時
受講料:10,500円
  (公財)アメリカ研究振興会  海外学会参加旅費援助  海外におけるアメリカ研究関連の研究集会で研究報告を行う者を対象とする参加旅費援助(若手研究者を最優先) ※詳しくはHPをご覧ください(様式はこちら  年4回募集      ・10月、11月、12月渡航予定  8月31日申請締切(事務局着)     ・1月、2月、3月渡航予定11月30日申請締切(事務局着)  10万円上限

国立研究開発法人 科学技術振興機構

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン) 平成31年度一般公募

産学官の緊密な連携により、アジアを中心とする国・地域から優秀な青少年を日本に短期に招聘し、未来を担う青少年が科学技術の分野で交流を深める ※対象国や交流計画コース等、詳しくはHPをご覧ください

第3回:2019/6/4~9/2 第4回:2019/9/3~11/6 (ただし、中国から受け入れる場合の締切は募集要項P4を確認)

渡航費等、事業の遂行に直接必要な経費等を支援(実費が基本)

 

井上春成賞委員会

【お願い】井上春成賞の寄付金及び協賛金について

井上春成賞贈呈事業を実施するための寄付金及び協賛金の協力のお願い

いずれも、1口 5万円(1口以上)

 

 

三宮紀彦公認会計士事務所

科研費申請に応募する研究者のバックアップ

①4月~申請までサポート(面談1回含) ②夏休み明け~申請までサポート(面談無)※詳しくはHPをご覧ください

 

料金①:54,000円 ②:21,600円

 

文部科学省

大型研究開発プロジェクトの実施における安全確保の徹底について(通知)

詳細はPDFをご覧ください

 

 

 

(独法)日本学術振興会

JSPSサマー・プログラム2019

欧米主要国の博士号取得前後の研究者を、夏期2ヶ月間、日本に招致し、文化や研究システムに関するオリエンテーションと日本側受入研究者の下での研究機会提供

プログラム日程:2019/6/11~8/21(予定) 詳しくはHPをご覧ください

 

 

(公財)パブリックヘルスリサーチセンター

「ストレス科学研究」論文募集

ストレス研究に携わる研究者、大学教員等:①原著論文 ②症例研究 ③総説 ④短報 ⑤資料

なし(通年募集)