体育授業における児童の学びの実態と授業づくりの課題

講習名 体育授業における児童の学びの実態と授業づくりの課題
講習内容・ねらい 小学校の体育授業における学びの実態と教師の指導性との関係について解説し、体育授業づくりの課題について解説する。具体的には、器械運動に重点を置きながら、運動技能の習得を促す指導及び技能差や関心・意欲が異なる学習者に対する指導を具体的に解説する。これを通じて他の運動領域を取り扱う際にも適用される原則を考察する。
担当講師 黒川 哲也、江島 隆二(非常勤講師)
開設期間 平成29年7月8日(土)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成29年4月17日(月)~平成29年5月7日(日)
受講料 6,100円 (うち、保険料100円)
受講予定人数 45人
最低催行人数 5人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭
試験・評価方法 筆記試験(論述試験)
評価基準 体育科における学びの実態と教師の指導性との関係について把握し、器械運動を中心とした教科内容や技術指導、学習指導等体育授業づくりの方法について理解し、説明することができる。
評価の観点 体育科における学びの実態と教師の指導性との関係について理解したか。器械運動における体育授業づくりの方法について理解したか。
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

体育館シューズ、実技可能な服装

---------------------------------------------------------------

6月22日 メール済み

【受講案内】「体育授業における児童の学びの実態と授業づくりの課題」について

件名の講習について、受講のご案内を致します。

・受付時間は、8:30~8:55です。
・受付場所は、2号館1階正面玄関内側です。
・当日持参していただく受講票は、更新講習システムから印刷してください。
・受講票は、写真貼付を忘れずにお願い致します。
・受講票は、受付で顔写真を確認しながら一度回収させて頂きます。
・受講票は、試験後にご本人確認をしながら返却致します。
・答案用紙等に記載することがございますので、受講者IDは必ずメモをお取り下さい。
・各自筆記用具をご持参ください。
・実技可能な服装、体育館シューズをご持参ください。
・筆記試験がございますので、各自時計をご持参ください。ただし、携帯電話は時計としてはお使いいただけません。
・当日は、食堂が営業しておりますが、混雑が予想されますので、
出来る限り昼食は各自ご準備下さるようお願いいたします。
なお、生協の営業時間につきましては、 こちらをご覧下さい。

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
- 9:00~9:05 5 - 黒川 哲也 オリエンテーション
1 9:05~10:30 85 講義 黒川 哲也 体育授業における学びの実態と教師の指導性
2 10:45~12:00 75 実技 江島 隆二 器械運動の授業づくりの課題
3 13:00~14:30 90 実技 江島 隆二 器械運動の授業づくりの課題
4 14:45~16:05 80 講義 黒川 哲也 多様な差異を含む学習集団の指導
5 16:15~16:45 30 試験 黒川 哲也 筆記試験
- 16:45~16:50 5 評価 黒川 哲也 事後評価アンケート記入

 

このページの先頭へ