宮城教育大学・教員免許状更新講習

日本語の表現と文体

講習名 日本語の表現と文体
講習内容・ねらい 同じことを表現するのにも、日本語には多様な表現方法がある。本講習では、まず、小説や物語教材を読みながら、文章表現の特色と味わいに触れた後、受講者各人の創作した散文詩の表現と鑑賞を通じて声で表現することの意義を再確認したい。あわせて声と文字との表現性の違いを楽しみながら体感しつつ、声によって効果的に伝える方法を考えてみる。
担当講師 遠藤 仁
開設期間 平成30年7月21日(土)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年4月16日(月)~平成30年5月6日(日)
受講料 6,000円
受講予定人数 40人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭
試験・評価方法 筆記試験に口頭発表の評価も加味する。
評価基準 文字言語・音声言語の特質を理解し、適切に表現できたか。他者の表現を適切に鑑賞・評価し、それを論述試験に反映させることができたか。
評価の観点 文字言語・音声言語の特質に関する理解とそれを踏まえた実践の適切さ。鑑賞・評価の妥当性と表現・理解に対する客観的分析ができたか。
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

特になし。

-----------------------------------------------------------

7/6 メール送信済み

【受講案内】宮城教育大学免許状更新講習「日本語の表現と文体」(7/21)について

件名の講習について、受講のご案内をいたします。

・受付時間は、8:30~8:55です。
・受付場所は、2号館1階正面玄関内側です。
→キャンパスマップ
・当日持参していただく受講票は、更新講習システムから印刷のうえ、写真貼付を忘れずにお願いします。
・受講票は、試験終了後に本人確認をしながら返却します。
・筆記用具をご持参ください。
・お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。当日、駐車場はご利用いただけません。
・講習当日の気温によっては、エアコンを使用する場合があります。
場所によっては、寒く感じられる場合もありますので、羽織るものを持参されることをお勧めします。
・当日は食堂が営業しておりますが、混雑が予想されます。出来る限り昼食は各自ご準備くださるようお願いします。 なお、生協の営業時間につきましては、こちらをご覧ください。

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:30 90 講義 遠藤 仁 文体とはなにか―近代作家の文章を読み味わう
2 10:40~12:10 90 講義

遠藤 仁

児童書・小学校教材の表現を味わう
3 13:00~14:30 90 演習

遠藤 仁

散文詩の創作と鑑賞
4 14:40~15:40 60 演習

遠藤 仁

プレゼンテーション、鑑賞と相互評価
5 15:50~16:20 30 試験 遠藤 仁 筆記試験
- 16:20~16:25 5 評価 遠藤 仁 事後評価アンケート記入

 

このページの先頭へ