ESD入門-持続可能な開発のための教育-

講習名 ESD入門-持続可能な開発のための教育-
講習内容・ねらい 持続可能な開発のための教育(ESD)の具体的内容や授業プログラムについて概説する。持続可能な開発のための教育は、基礎基本学力と総合的な学習を組 み合わせて生 きる力(学習指導要領)の育成を図り、学校全体での取り組みや地域との連携をとることが主な内容である。今回は基礎・基本学力分野のうち、読解力を新たに取り上げ、新聞を活用した読解力育成の方法も取り入れた。総合的な学習分野では、多文化理解、食教育、環境教育を取り上げた。また、持続可能な開発のための教育の学校現場での実践事例も紹介する。
担当講師

小金澤 孝昭、市瀬 智紀、溝田 浩二、及川 幸彦(東京大学 海洋アライアンス海洋教育促進研究センター)、鈴木 淳(河北新報社)

開設期間 平成29年7月22日(土)~平成29年7月23日(日)

※本講習は、平成29年8月19日~20日に開講する「ESD入門-持続可能な開発のための教育-」と同じ内容の講習ですので、重複して受講することはできません。

時間数 12時間
会場

気仙沼中央公民館(旧気仙沼河北新報社ビル)

(宮城県気仙沼市魚市場前1−1)
※所在地についてお間違えの無いようご注意ください。
※会場駐車場には限りがございますので、なるべく公共交通機関等をご利用ください。

募集期間 平成29年4月17日(月)~平成29年5月7日(水)
受講料 12,000円
受講予定人数 30人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭   養護教諭
主な受講対象者 全教諭、養護教諭
試験・評価方法 筆記試験(論述式)
評価基準 100点満点で60点以上を合格とする。
評価の観点 講義の理解度と各自の実践計画の内容
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

教科書・講義資料は、当日配付する。

-----------------------------------------------------------

7月11日 メール済み

【受講案内】ESD入門-持続可能な開発のための教育-   
件名の講習について、受講のご案内を致します。

・受付時間は、9:00~9:25です。
・受付場所は、気仙沼中央公民館(宮城県気仙沼市魚市場前1-1)です。
・当日持参していただく受講票は、更新講習システムから印刷して下さい。
・受講票は、写真貼付を忘れずにお願い致します。
・受講票は、1日目と2日目の朝に受付で顔写真を確認しながら一度回収させて頂きます。2日間ともに必ずご持参くださいますようご注意下さい。
・答案用紙等に記載することがございますので、受講者IDはメモをお取り下さい。
・受講票は、1日目の講義終了後と2日目の試験終了後にご本人確認をしながら返却致します。
・各自筆記用具をご持参ください。必要な資料と教科書については当日配布致します。
・筆記試験がございますので、各自時計をご持参ください。ただし、携帯電話は時計としてはお使いいただけません。

・講習当日、昼食は各自ご準備下さい。

 

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
7/22 1 9:30~11:00 90 講義 小金澤孝昭 持続可能な開発のための教育とは何か?
2 11:10~12:40 90 講義 鈴木 淳 基礎基本(読解力)と持続可能な開発のための教育
3 13:20~14:50 90 講義 市瀬 智紀 多文化教育を事例に した持続可能な開発のための教育
4 15:00~16:30 90 講義

小金澤 孝昭
市瀬 智紀

持続可能な開発のための教 育ワークショップ
時限 時間 種別 担当講師 内容
7/23 1 9:30~11:00 90 講義 小金澤孝昭 食教育を事例にした持続可能な開発のための教育
2 11:10~12:40 90 講義

溝田浩二

環境教育を事例にした持続可能な開発のための教育
3 13:20~14:50 90 講義 及川 幸彦 持続可能な開発のための 教育カリキュラム(基礎と総合)
4 15:00~16:30 90 討論

及川 幸彦

学校と地域との連携の進め方
5 16:40~17:40 60 試験 小金澤孝昭 筆記試験
- 17:40~17:45 5 評価 小金澤孝昭 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ