平面表現による造形教育

講習名 平面表現による造形教育
講習内容・ねらい 美術教育の現場で多く実践されている「平面表現」の表現効果を理論的かつ実践的に理解し、造形教育のための能力を高める。講義ではデッサンと様々なモダンテクニックを用いた表現方法を紹介しながら、実際の制作を通し学んで行く。
担当講師 平垣内 清
開設期間 平成30年8月10日(金)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年5月1日(火)~平成30年5月31日(木)
受講料 6,200円 (うち、教材費等200円)
受講予定人数 15人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 幼稚園・小学校教諭
試験・評価方法 実技考査(デッサン、その他)
知識、技術の習得と実技作品の審査
評価基準 理解度、作品の造形表現力、構成力、完成度等を総合的に判断し評価点とする。総合点60点以上を合格とする。
評価の観点 平面表現における実践的な専門的知識、技術等の理解度と講習中に制作した作品の造形的表現力、完成度等を見る。
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

・実技が中心となるため、作業可能な服装で受講すること。
・筆記用具、鉛筆デッサン用具(2H、HB、2B、消しゴム、カッター等)、水彩道具(絵具、筆、水入等)を持参すること。

 

時間割  

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:00 60

講義

平垣内 清 デッサンの基本について
(1-立体の把握-)
2 10:10~11:10 60 講義 平垣内 清 デッサンの基本について
(2-遠近法、材料学-)
3 11:20~12:10 50 実習 平垣内 清 鉛筆デッサン(1)
4 13:00~14:30 90 実習 平垣内 清 鉛筆デッサン(2)
5 14:40~16:00 80 講義 平垣内 清 実践で役立つモダンテクニック
6 16:00~16:20 20 試験 平垣内 清 実技考査(講評会)
- 16:20~16:25 5 評価 平垣内 清 事後評価アンケート記入

 

このページの先頭へ