障害児理解と教育的支援B講座(視覚障害中心)

講習名 障害児理解と教育的支援B講座(視覚障害中心)
講習内容・ねらい 本講習では、特別支援教育への移行を踏まえ、視覚障害教育の今日的課題にも触れながら視覚障害領域における教育的支援について、特に教育の指導法と配慮の基本を押さえつつ発達、歩行、情報処理を中心に据えて視覚障害者の心理・生理・病理の内容をも深める講義を行う。
担当講師 藤島 省太、佐藤 静、植木田 潤、永井 伸幸、三科 聡子、武井 眞澄
開設期間

平成30年8月20日(月)~平成30年8月22日(水)

時間数 18時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年5月1日(火)~平成30年5月31日(木)
受講料 18,000円
受講予定人数 50人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種

教諭、養護教諭

主な受講対象者 特別支援教育に関心のある教諭、養護教諭
試験・評価方法

筆記試験

その日の講義内容から各担当講師が試験問題を提出し、各日100点満点で試験を行う。

評価基準 合計点が60%以上を合格とする。
評価の観点 特別支援教育に関わる講義内容について理解できたかを評価する。
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

8月20日(月)は、「障害児理解と教育的支援A講座」、「障害児理解と教育的支援C講座」と合同で実施します。 

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
8/20 1 9:00~10:30 90 講義 植木田 潤 発達障害教育の展望と課題
2 10:40~12:10 90 講義 藤島 省太 聴覚・言語障害教育の展望と課題
3 13:00~14:30 90 講義 三科 聡子 視覚障害教育の展望と課題
4 14:40~16:10 90 講義 佐藤 静 特別支援教育の周辺領域-スクールカウンセリング
5 16:20~16:50 30 試験 佐藤 静 筆記試験
時限 時間 種別 担当講師 内容
8/21 1 9:00~10:30 90 講義 永井 伸幸 視覚障害の心理・生理・病理:参加者の疑問・関心に基づいたディスカッション
2 10:40~12:10 90 講義 永井 伸幸 視覚障害の心理・生理・病理:基礎の確認と最新事情
3 13:00~14:30 90 講義 武井 眞澄 見えにくさの理解と支援
4 14:40~16:10 90 講義 永井 伸幸 弱視教育におけるタブレット端末:活用方法と教材作成
5 16:20~16:50 30 試験 永井 伸幸 筆記試験
時限 時間 種別 担当講師 内容
8/22 1 9:00~10:30 90 講義 武井 眞澄 視覚障害児への点字指導と教材開発
2 10:40~12:10 90 講義 武井 眞澄 視覚障害児の触察教材
3 13:00~14:30 90 講義 三科 聡子 視覚に障害のある乳幼児の支援
4 14:40~16:10 90 講義 三科 聡子 視覚障害に併せて他の障害を有する子どもたちへの支援
5 16:20~16:50 30 試験 武井 眞澄 筆記試験
- 16:50~16:55 5 評価 武井 眞澄 事後評価アンケート記入

 

このページの先頭へ