家庭科の新しい知識(編織)

講習名 家庭科の新しい知識(編織)
講習内容・ねらい 衣服製作に必要なモノ作り技術について、講義と実習を通じて学習する。糸の製造(1次元)から布の製作(2次元)へと、生産工程順に実習を進めることで、各工程でのモノ作りに必要な原理や操作方法(技能)について学習する。
担当講師 西川 重和
開設期間 平成30年8月21日(火)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間

平成30年5月1日(火)~平成30年5月31日(木)

受講料 6,500円(うち、教材費等500円)
受講予定人数 20人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭、中学校・高等学校家庭科教諭
試験・評価方法 筆記試験による絶対評価

評価基準 100点満点で評価を行い、60点以上を合格とする
評価の観点 ものを作る上での正しい原理(知識)や操作方法(技能)が理解できているか
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

実習中心に授業を行います。動きやすく汚れても大丈夫な服装、あるいはエプロンか白衣等を用意すること。

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:40 100 講義
実習
西川 重和 オリエンテーション
もの作り技術の講義、紡績糸の製作実習
2 10:50~12:30 100 講義
実習
西川 重和 フェルト化を用いた布製作Ⅰ
(携帯ケースの製作)
3 13:30~15:10 100 講義
実習
西川 重和 ニードルフェルトを用いた布製作Ⅱ
(小物の製作)
4 15:20~16:20 60 討論
試験
西川 重和 最近の家庭科の被服授業の内容について
- 16:20~16:25 5 評価 西川 重和 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ