声楽基礎

講習名 声楽基礎
講習内容・ねらい 小学校や中学校音楽科の歌唱共通教材を主な教材として、楽曲の背景について理解し、歌唱の演奏・指導上の留意点や日本語の歌唱法等について検討しつつ声楽演奏を体験し、自らの演奏技術の向上を図る。最後に独唱による実技試験を実施する。
担当講師 原田 博之
開設期間

平成30年8月24日(金)

時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間

平成30年5月1日(火)~平成30年5月31日(木)

受講料 6,000円
受講予定人数 12人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭、中学校・高等学校音楽教諭
試験・評価方法 一人1曲ずつの独唱による声楽実技試験を実施し、100点満点で評価する。
評価基準 声楽実技の基礎について理解して実演でき、児童生徒に対する指導上の課題について理解し、自らの演奏技術向上に取り組んでいるか。60点以上を合格とする。
評価の観点 声楽の基礎について理解し、自らの声楽実技の向上に課題意識を持って取り組んでいたか。
試験では適切な発声でピアノ伴奏に合わせながら音楽表現を工夫し、演奏できたか。
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

資料はこちらで用意する。

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:30 90 講義
実習
原田 博之 発声の基礎
声楽実技
2 10:40~12:10 90 講義
実習
原田 博之 楽曲について
声楽実技
3 13:00~14:30 90 討論
実習
原田 博之

歌唱指導上の課題について

個別による声楽実技

4 14:40~15:40 60 講義
実習
原田 博之

楽曲について

個別による声楽実技

5 15:50~16:20 30 試験
実習
原田 博之

実技試験(独唱)

まとめ

- 16:20~16:25 5 評価 原田 博之 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ