小学校算数科・中学校数学科 学習者の立場からの教材研究と授業づくり

講習名 小学校算数科・中学校数学科 学習者の立場からの教材研究と授業づくり
講習内容・ねらい 本講習は、小学校算数科・中学校数学科における学習者の側からの教材研究とそれに基づく授業づくりに
ついて考えることを中心のテーマとする。新学習指導要領に示された数学的に考える資質・能力の育成に向けて、各種学力調査の結果や具体的な教材を、学習者の立場から見直し、算数・数学の授業づくりについて改めて考えていく。
担当講師 市川 啓
開設期間

平成30年9月15日(土)

時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年6月1日(金)~平成30年6月30日(土)
受講料 6,000円
受講予定人数 25人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭、中学校数学教諭
試験・評価方法 筆記試験
講義内容に基づく論述試験を60分程度で行う
評価基準 100点満点で評価を行い、60点以上を合格とする。
評価の観点 講義内容を理解し、説明することができる。
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

以下のものを持参すること
・小学校学習指導要領解説算数編平成29年6月(小学校教諭)
・中学校学習指導要領解説数学編平成29年7月(中学校教諭)
・直線定規

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:30 90 講義 市川 啓 学習者の立場からの教材研究
2 10:40~12:10 90 講義 市川 啓 数学的に考える資質・能力の育成
3 13:00~15:00 120 講義
演習
市川 啓 小学校算数科・中学校数学科の授業づくり
4 15:10~16:10 60 試験 市川 啓 筆記試験
- 16:10~16:15 5 評価 市川 啓 事後評価アンケート

このページの先頭へ