青葉山環境教育セミナー・「校庭の教育資源」活用術

講習名 青葉山環境教育セミナー・「校庭の教育資源」活用術
講習内容・ねらい 校庭は児童にとって最も身近な自然環境であり、あらゆる教科カリキュラムで価値ある教育資源として活用でき
る可能性を秘めている。本講習では、宮城教育大学に設置されたバタフライガーデン(チョウのためのビオトープ)やミツバチガーデン(ニホンミツバチの養蜂施設)を例として、より魅力的で効果的な学習が展開できる校庭づくりについて考える。
担当講師 溝田 浩二
開設期間 平成30年9月29日(土)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年6月1日(金)~平成30年6月30日(土)
受講料

6,100円 (うち、保険料100円)

受講予定人数 10人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭
試験・評価方法

筆記試験

講習内容について30分の試験を論述式で行う

評価基準 100点満点で評価を行い、60点以上を合格とする
評価の観点 講習内容について理解し、教育現場で実践することができるか。
受講者への連絡事項
(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

野外でのフィールドワークを伴います。
動きやすい服装、帽子、虫よけスプレー(必要であれば)をご準備ください。

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:30 90 講義 溝田 浩二 学校ビオトープの考え方
2 10:40~12:10 90 講義
実習
溝田 浩二 学校ビオトープの作り方
3 13:00~14:30 90 実習 溝田 浩二 学校ビオトープの使い方
4 14:40~15:40 60 講義 溝田 浩二 小学校におけるビオトープの活用事例
5 15:50~16:20 30 試験 溝田 浩二 筆記試験
- 16:20~16:25 5 評価 溝田 浩二 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ