持続可能な社会と租税教育

※本講習は、平成30年8月25日に開講する「持続可能な社会と租税教育」と同じ内容です。重複して受講することはできません。

※本講習の履修認定時期は平成31年1月下旬の予定です。お申し込みの際はご留意ください。

講習名 持続可能な社会と租税教育
講習内容・ねらい

これからの持続可能な社会を学ぶ上で、私たちの社会を支える税金についての学びは重要になる。この講義では、税金の使われ方を手がかりに、市町村や宮城県、国のお金の使い方を考える。特に震災復興を考える上で、租税教育は効果的である。授業内容は、①税金の使われ方と持続可能な社会②震災復興と税金③④宮城県内で行なわれている租税教育の実践の紹介を予定している。

講義にはゲストとして、税理士や租税教育を実践している教員を招く予定。

担当講師

小金澤 孝昭、ゲストスピーカー

開設期間 平成30年11月23日(金)
時間数 6時間
会場 宮城教育大学
募集期間 平成30年8月1日(水)~平成30年8月31日(金)
受講料 6,000円
受講予定人数 30人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校教諭、中学校社会科教諭、高等学校社会科教諭
試験・評価方法 筆記試験(論述式)
評価基準 100点満点中60点以上を合格とする。
評価の観点 講義の理解度と各自の実践計画の内容
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

教科書・講義資料は、当日配付する。

時間割

 
時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:30 90 講義

小金澤 孝昭

持続可能な社会と税
2 10:40~12:10 90 講義小金澤 孝昭 持続不可能な社会の問題と解決策
3

12:50~14:20

90

講義

小金澤 孝昭

持続不可能な社会の問題解決と財政・租税
4 14:30~16:00

90

講義

小金澤 孝昭

租税教育の実際
5 16:10~17:10 60 試験 小金澤 孝昭 筆記試験
- 17:10~17:15 5 評価 小金澤 孝昭 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ