地域の産業と生物多様性に基づく理科教育・環境教育

講習名 地域の産業と生物多様性に基づく理科教育・環境教育
講習内容・ねらい 気仙沼における生物多様性の特徴について、講義だけではなく観察や討論を行って理解を深める。これらの活動を通じて地域の自然を題材とした理科教育・環境教育の可能性について議論する。さらに、サケ類などの有用水産資源を取り上げ、教育や産業への応用について議論する。なお、授業では実際に海岸などのフィールドに赴き、震災後の生物の生息状況等を観察する予定である。
担当講師 出口 竜作、棟方 有宗
開設期間

平成29年10月14日(土)

時間数 6時間
会場 気仙沼中央公民館
募集期間 平成29年7月1日(土)~平成29年7月31日(月)
受講料 6,500円(教材費500円)
受講予定人数 30人
最低催行人数 1人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 小学校・中学校・高等学校教諭
試験・評価方法 評価は筆記試験(主に小論述形式)により行う。
評価基準 100点満点中60点以上を合格とする。
評価の観点 講習における講義内容、討論の内容を踏まえた記述が成されているかを評価の観点とする。
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

事前に用意すべき教科書はない。筆記用具、弁当を持参のこと。また、フィールドでの活動に適した服装で参加すること。

-

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:30~9:40 10 -

出口 竜作

棟方 有宗

オリエンテーション
2 9:40~10:30 50 講義 出口 竜作 海の生物の多様性(1)
3 10:40~11:30 50 講義 出口 竜作 海の生物の多様性(2)
4 11:40~12:40 60 討論 出口 竜作 教育現場における地域の生物の利用(1)
5 13:30~14:20 50 講義 棟方 有宗 サケの生態(1)
6 14:30~15:20 50 講義 棟方 有宗 サケの生態(2)
7 15:30~16:20 50 講義 棟方 有宗 陸域の生物の多様性
8 16:30~17:20 50 討論

棟方 有宗

教育現場における地域の生物の利用(2)
9 17:30~18:00 30 試験

出口 竜作

棟方 有宗

筆記試験
- 18:00~18:05 5 評価

出口 竜作

棟方 有宗

事後評価アンケート記入

このページの先頭へ