学校教育と体験活動B

※本講習の履修証明書の発行時期は3月下旬になる見込みです。申込みの際にはその点にご留意下さい。

講習名 学校教育と体験活動B
講習内容・ねらい

社会の発展とともに子どもを取り巻く環境は大きく変化した。特に自然体験活動の経験が減少し、自然や人との関わりから得られる知恵や知識、能力が身に付かず、生きる力が十分に育っていない子どもが多くなっている。そこで本講座は、学校教育における体験活動の意義を再確認するとともに、その活用について考える。そのために、青少年教育施設で行われているプログラムを体験し、基本的な考え方や技術等を身に付け、学校現場での展開方法等について検討する。

担当講師

梨本 雄太郎、狩野 浩二

開設期間 平成30年1月20日(土)
時間数 6時間
会場

国立花山青少年自然の家 → 地図

(宮城県栗原市花山字本沢沼山61-1)

募集期間

平成29年10月1日(日)~平成29年10月31日(火)

受講料 6, 500円 (うち、教材費等500円)
受講予定人数 30人
最低催行人数 8人
履修認定対象職種 教諭
主な受講対象者 幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭
試験・評価方法 記述試験
評価基準 100点満点で60点以上を合格とする。
評価の観点 「体験学習」についての理論的な背景を説明できるようになる。
学校教育の中で「体験学習の具体的な手法」を展開できるようになる。
受講者への連絡事項(教科書・参考書、事前課題、当日の持ち物等)

教材は、講師が準備する。 
野外で運動できる服装を用意すること。
受講者へは、事前に2次案内を行う。

 

時間割

時限 時間 種別 担当講師 内容
1 9:00~10:00 60 講義 梨本 雄太郎 学校教育と体験活動
2 10:10~11:10 60 実習 狩野 浩二 アイスブレイキングの手法
3 11:20~12:20 60 講義 狩野 浩二 体験学習の理解
4 13:20~14:20 60 実習 狩野 浩二 体験学習プログラム 実技1
5 14:30~15:30 60 実習 狩野 浩二 体験学習プログラム 実技2
6 15:40~16:10

30

実習 狩野 浩二 体験学習プログラム 実技3
7 16:20~16:50 30 試験 狩野 浩二 筆記試験
16:50~16:55 5 評価 狩野 浩二 事後評価アンケート記入

このページの先頭へ