トップページ > 教員免許更新の概要

教員免許更新制の概要

各種ダウンロード

※下記資料の内容はHP上にも記載されています。

教員免許状更新講習のご案内 (リーフレット) (PDF)adobe
実施要項  (PDF)adobe
教員免許状更新講習システムご利用の手引き (PDF)adobe
更新講習申請一覧表
(PDF)adobe

 

PDFをご覧になるには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。

ファイルが開けない場合には、Adobe社のサイトよりインストールしてください。


adobe

受講のおおまかな流れ

※1 ウェブ以外でのお申込(電話・FAX)は受付できません。
※2 本学からお知らせがEメールで届きますので、Eメールアドレスをご用意ください。

 

 

                   

このページの先頭へ


講習開設の趣旨

この講習は、教員免許更新制の実施に伴う、教員免許状の10年間の有効期限及び修了確認期限を更新するため、文部科学大臣の認定を受け開設するものです。
本講習を受講し、履修認定試験に合格した場合、履修証明書を発行します。30時間(必修講習12時間、選択講習18時間)の講習を受講・修了した者は、定められた期日までに、免許管理者(勤務する学校等が所在する都道府県の教育委員会)に更新講習修了確認申請を行うことになります。

このページの先頭へ


受講対象者

講習の受講対象者は、普通免許状または特別免許状を有し、平成30年3月31日もしくは平成31年3月31日が修了確認期限となる以下に該当する方です。

(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育または社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者

(5)  文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員

(6) 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者

(7) 教員採用内定者
(8) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
(9) 過去に教員として勤務した経験のある者

(10) 認定こども園で勤務する保育士

(11) 認可保育所に勤務する保育士

(12) 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士


なお、更新講習を受講する際には、受講対象者であることを証明する必要があります。受講対象者であることの証明は、勤務する学校の校長、その者を雇用しようとする者、臨時任用(または非常勤)教員リストを作成している者などが行います(受講申込書に署名、証明印を押印)。


※ 平成30年3月31日に修了確認期限となる者

        生年月日     免許状更新受講期間
昭和37年4月2日~昭和38年4月1日

平成28年2月1日~平成30年1月31日

昭和47年4月2日~昭和48年4月1日
昭和57年4月2日~昭和58年4月1日

※ 平成31年3月31日に修了確認期限となる者

        生年月日     免許状更新受講期間
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日

平成29年2月1日~平成31年1月31日

昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日

Q&A、受講免除対象者等の制度に関する詳細は、以下の文部科学省HPをご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/index.htm

文部科学省HPにて修了確認期限がチェックできます。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/003/index1.htm

(参考)更新講習免除対象者
(1)教員を指導する立場にある者

①校長(園長)、副校長(副園長)、教頭、主幹教諭または指導教諭
②教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は 社会教育に関する指導等を行う者
③免許状更新講習の講師となっている者 など

(2)優秀教員表彰者(優秀教員表彰を受けた後の1回のみが免除対象となる。)
※詳しくは、各都道府県教育委員会にお問い合わせください。


このページの先頭へ


講習時間

更新講習を修了するには、以下の合計30時間以上の受講が必要となります。必修領域講習と選択必修領域講習は6時間で1申込ですが、選択領域講習は6,12,18時間の多様な講習を開講します。他大学で開講する講習と組み合わせることもできますので、合計30時間以上となるようにしてください。


必修領域講習

教育の最新事情に関する事項

6時間以上
選択必修領域講習

教育の最新事情に関する事項

6時間以上
選択領域講習

教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項

18時間以上
合計 30時間以上

このページの先頭へ

講習の概要

各講習の概要(講習名、場所、実施日 等)は、別表(adobe PDF形式)の通りです。

講習の詳細(担当講師、講習概要、評価基準等)は、「講習のご案内」ページをご覧ください。


このページの先頭へ

履修認定及び履修証明書の送付

所定の講習を受講し、履修認定試験に合格すると、各講習の履修が認定されます。 (講習受講後2カ月以内で、システムから試験結果『履修認定済』もしくは『不認定』が確認できます。)


履修認定された講習については、「免許状更新講習履修証明書」を発行し、受講者あてにお送りします。本証明書は、免許管理者である教育委員会への免許状更新手続きに必要となりますので、大切に保管して下さい。更新手続きに関するお問い合わせは、所属の教育委員会へお願いいたします。


このページの先頭へ

受講者の個人情報について

受講者の個人情報につきましては、講習の実施及びこれに付随する業務を行うためのみに利用します。


このページの先頭へ