宮城教育大学 公開講座

宮城教育大学フェイスブック
宮城教育大学ツイッター

TEL:022-214-3521受付:09:00〜17:00 月~金(祝日除く)

令和2年度 公開講座の開設にあたってMessage

宮城教育大学・連携担当理事 岡 正明

―生涯学習社会の構築―

 人々が生涯にわたって、 生きがいのある心豊かな人生を送るための 「生涯学習社会」 の構築が叫ばれて久しくなります。
宮城教育大学では生涯学習社会の構築に貢献するために、 市民の皆様や現職教員の皆様を対象として、公開講座を開催しております。
昨年は公開講座を30講座、学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス講座を1講座、みやぎ県民大学講座を1講座、そして現職教育講座を4講座開設し、多くの方々から高い評価を得ました。アンケートより一部その声を紹介させていただきます。


●テンポも良くて聞き取りやすかったです。具体的にどういった場面で使うかなども教えてもらったので参考になりました。あっという間に時間が過ぎて驚きました。職場でもみんなに伝え、子ども達と一対一でゆったりと関わり、本日の内容を日ごろの保育に活かしていきたいです。 ( 「親子でたのしむわらべうたあそび」 より) 
●プログラミング教育の進行方法、重視すべき点の掲示がとても分かりやすかった。最新の情報を知ることができたこと。たくさん実習ができ、授業づくりのヒントをたくさんいただいた。
( 「小学校のプログラミング教育戦略講座」 より)
●とても楽しみにしていました。どう勉強したらいいのか・字典をどのように使うのかが良くわかりました。1日で読めるようにはなりませんでしたが、これから自分で勉強していける自信がつきました。くずし字だけでなく、日本史や世界について触れて話を進めてくれたので面白かった。 
(「くずし字入門I」 より)
●学習状況調査の背景や結果から分析し、子どもにどう返していくかなどの大切さを具体的に講義していただいた。授業を構成したり実践したりするうえで必要になる視点を得られたと思います。現場に戻り活かしていこうと思います。 
( 「授業研究ー教材研究の原則 -〈大崎会場〉」 より)

 

―地域に貢献する大学―

宮城教育大学では、
宮城県教育委員会、 仙台市教育委員会、 気仙沼市教育委員会、 岩沼市教育委員会、
栗原市教育委員会、角田市教育委員会、 大郷町教育委員会及び大崎市教育委員会と
「連携協力に関する覚書」を取り交わし、主に下記のような事業を実施しております。

  1. 教員の養成に関すること
  2. 教員の研修に関すること
  3. 幼児・児童・生徒の学校生活の支援に関すること
  4. 大学及び学校における教育研究面での協力に関すること
  5. その他教育に関する事業

 

なお、 気仙沼市においては、 気仙沼市・宮城教育大学連携センターを設置し、
地域の自然や文化に関するデータ収集や情報発信を通して地域の活性化の一翼を担っています。
また、教育委員会以外にも、登米市、仙台市八木山動物公園、仙台市天文台、河北新報社、
筑波技術大学及び教職員支援機構と連携し、 行政や学校教育と密接に関連する機関へと拡大することで、
分野融合型の連携へと進展させています。
これからも、 本学学生の育成はもとより、 広く門戸を開放して市民の皆様や現職教職員の皆様への学習の場を提供し
「地域に貢献する大学」として努力し続ける所存です。
受講生の皆様におかれましては、 この趣旨をご理解の上、 積極的に参加していただきますようお願い申し上げます。

TOP